蔵を離れまして、ちょうど催されていた「梅まつり」会場の梅林へ。


成龍酒造さんが造る【梅酒】は、こちらの梅林で育てられた梅を
使っています。

西日本でトップクラスの広さを誇る梅林です。
ほんと〜に広くてビックリしました。(すみません、写真がないですが
DSC01062
今年は梅の成長が遅れています。二分、三分咲き程度だったでしょうか...  
寒波の影響か、花咲かす木はチラホラ、つぼみが多かったです。
この日も肌寒い一日でした。

となると、梅の実も遅れますでしょうか。。
こればかりは自然の摂理に従うしかありません。

賀儀屋さんが使われる梅は「完熟梅」です。
デリケートな梅を大切に育てる梅農家さん。
わたしたち飲み手側からもお礼を言いたくなります。


梅酒、この風味ってほんわか豊かな和リキュール。
日本だからできる所産、すばらしいものだと思います。


梅酒も飲み方イロイロ♪
今この時期、まだ少し肌寒いときは、わたくしはもっぱら
「ホット」で楽しんでいます(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
IMG_2123
完熟梅酒
         
                        1800ml 2,940
                         720ml 1,470

完熟梅を日本酒で漬け込むこと一年・・・
やわらかい、まろやかな上品な味に仕上がってます♪


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□


梅林を離れまして、常務と数時間でしたが愛媛県のお酒を楽しみに
松山市内まで。

といっても、飲んだのはわたくしだけです・・・(゚∇゚ ;)


美味しく頂いた場所は・・・
DSC01070
こちら↑
面白いところで、愛媛のお酒が一堂に揃っている地酒アンテナショップ。
ワンコインからお酒が楽しめます。
スタンディング、観光客、ちびりちびりと楽しむには打って付け。
そして昼から営業という、周りの飲食店さんにご迷惑がかからないように
との配慮も忘れていません。

店長さんと少しお話することも出来て、すごく勉強になりました。


====
「気軽に日本酒」をテーマに若者から、サラリーマン、 
 お年寄りまで、男女を問わず散歩感覚で・・・ 
                         ===

とHPに書いてありました。

まさしくその姿を拝見してきましたよ。

ふぅ...っと一回目、振り返り
 おぉ!!大学生だわね、メンズ2人が飲み比べているよ(⌒-⌒)

ふぅ...っと二回目、振り返り
 きゃっ!!可愛らしいガールズがお酒を吟味している(*゚▽゚*)

ふぅ...っと三回目、振り返り
 わぁ!!人でいっぱいではないですか(・∀・)

あれ?!一番目にご来店されていたおばちゃま。。。居ない・・・

入れ替わり立ち替わり、居心地の良い空間でした。


常務のお知り合いの とある大学の教授が来られました。
途中から合流しました。
難しいお話をされる(わたくしが無知なだけ;苦笑)。
が、不思議とわたくしも仁王立ち(笑)で一緒に会話に
入っていました。というか、楽しかったです♪

なんでしょうね、こういう空間って素敵だなぁ〜って思います。
沢山の方と会話ができる。そういった空間を演出してくれる
お酒や食って日本の凄さでもあるのかなぁって思います。

DSC01078
愛媛県産「松山三井」の飲み比べ

気になる蔵元さんとの飲み比べ。楽しいわぁ〜

その土地を感じられるひとつに日本酒ってありますよ(⌒-⌒)


皆さん、日本酒を楽しみましょう♪




さぁて...
このままお泊り・・・  出来なく、高知入りです。ホテルに向かわないと。



高知はまた後日・・・