.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

酒のおおぶち
神奈川県相模原市緑区西橋本2-22-6
TEL 042-771-4510
FAX 042-771-4571
hp http://www.oobuchi-sake.co.jp
mail info@oobuchi-sake.co.jp
毎週 月曜定休日

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○



ここのイチョウ並木は気持ちがいいですね。
image






















高尾から西八王子に向かっていました。 
曇りではなく、秋晴れだったら最高だったろうなぁ〜


26年醸造がはじまり、当店第一号の新酒が届きましたヾ(=^▽^=)ノ
DSC06613














愛知県は蓬莱泉を醸します関谷醸造さんのしぼりたてです♪

まだ試飲していませんが、とうとうきましたか、この季節(^∀^)
これから沢山の生まれたてのお酒達がやってきますよ!

hpでも追ってご案内していきます♪ 準備中ですみません!



さて。

6月に初の蔵元へ、見学させていただく機会がありお邪魔しました。


吟醸工房
DSC06221














ここでは一般の方の酒造りの体験もできるところでもあります。

もちろん蓬莱泉の商品(すべてではないです)の仕込みもしている
ところでもあります。

DSC06223





































そして。
農業も取り組んでいる関谷醸造さん、アグリ事業部という部を
設けております。


関谷醸造さんのHPより以下、抜粋です。


平成17年に、6反(6アール)の田んぼから取り組みが始まりました。

その後は高齢化や後継者不足などさまざまな事情で離農する地元の
農家の方から田んぼや遊休農地を預かりながら耕作地を増やして。


平成19年からは、種籾からの育苗と収穫後の籾の乾燥も自社で
行えるように設備を充実し、平成22年には16ヘクタールの面積を
耕作するに至りました。

私たちは豊かな自然に恵まれた地で酒造りをしていますが、

社員の大半が米作りについての経験はほとんどありません。

社員が力を合わせて原料米から育てるという経験や、そこで得た
知識は酒造りに生きてくるでしょうし、地域の人から栽培技術を学ぶ
ことなど、得ることはたくさんあると考えています。

地域の農業を守り、地域の特色を生かした食の豊かさを追い求めて
いきたいと思います。
___________________________



今って、カッコイイんですね〜  変身しそう(笑)
DSC06248

































同行しておられた同業の男性方々は興奮していましたでしょうか(^∀^)
女性陣はほぉ〜、、、ふぅ〜ん。 でも、いいですね!


DSC06257

































代表取締役の関谷健社長です。

DSC06252














社長、機材の話をしている時は、この身分で失礼ですが
少年のようにも感じましたよ(* ̄∇ ̄*)


本社蔵へ
DSC06260














とにかく初めてみる設備が多くて、無知な私にはここで載せても
伝えることが出来ない。
またお邪魔させていただきながら、勉強していきたいと思います。

DSC06275

































DSC06276

































免震貯蔵タンクです。 これはすごい!

「機械が多い蔵でしょ」とおっしゃった営業の匡史さん。

確かに、私には衝撃的で知らない事ばかり・・

ですが、どの蔵もそうですが、不味いお酒を造りたい訳じゃないですよね
(当たり前ですね (゚∇゚ ;) 自身の蔵が想う味わい、目指す味わいって
あると思うんです。
最後は皆様が美味しく、幸せになれるお酒を造る、これは皆一緒ですから。

呑み手の一人として、嬉しい限りです(⌒-⌒)

この蔵の企業理念でもある地域社会に貢献する、地域に雇用をつくり、
地域の農業も考えた、一企業としてのあり方を日本酒を通して拝見させて
いただいたように感じました。


関谷社長、営業の匡史さん、そして田原さん、スタッフの皆さま、
その際はお忙しいところありがとうございました。


DSC06239














タブン・・・・  この設楽の町は猪鍋が有名だったような。
イノシシの肉だったか忘れちゃいました  ハハ。
名古屋の味噌との絡みが美味しかったですねぇ〜

DSC06290















DSC06287

































食材、調味料も町の味を楽しめる、嬉しいなぁ〜

関谷醸造さんが手掛けるsakebar 圓谷

名古屋駅から少し離れていますが、機会があったら行かれてみては
(⌒∇⌒)