まだ先の行事ですが、目を通した記事に。
ほぉ〜

抜粋です。

如月は2月、
日本列島をすっぽり覆い尽くす冬将軍の顔も火照らして
溶け出してしまいそうな行事といえば、バレンタイン。


主役となるチョコレートもカカオ豆が山火事により焼け溶けたことで
香ばしい匂いを発生させ、それが元で作られるようなったのだとか。
しかも、その歴史は古く紀元前2000年頃にさかのぼり、「神の食べ物」と
して重宝されていたと。。

今も高貴な食材としての地位は変わらない・・・

【なるほどぉ。】

余談、かつて日本ではチョコレートに「猪口令糖」の字をあてたことも
あったらしく。

******************

面白いなぁ〜と、そしてハイカラでもあるなぁ。

今は、自身へのご褒美的に楽しまれることのほうが多い?!
でしょうか。まぁ、これも自由。



一緒に「チョコ(猪口)」愉しまない?!って言いたい味わい
88FCCE87-08F3-4DFD-A9B3-EEA3564AB841




























秋田県は五城目町に構えます福禄寿酒造さんの槽垂れ
1800ml 3,024円

猪口で楽しみました笑

どうぞ舌全体に広げてお愉しみ下さい。香りも楽しんで下さい。
バター風味とも合いますね。

食と溶け合う風味、チョコも溶けちゃうかしら・・