確かに、この地で333年の歴史を歩んできた蔵なんですね。

何が変わり、何かが繋がれ、何を伝えていくのだろう。

後にも先にも、蔵の想いは一つです。

********  蔵元のHPより  *****************************************


感謝、それが福禄寿酒造の原動力。
私たちは豊かな恵みを与えてくれる五城目の自然、
良質な酒米を提供してくれる農家のみなさん、
商品を手に取ってくれるファンの方々の恩に報いるため、
わずかな妥協もない酒づくりを続けています。

地の米、地の水、地の人でつくる地酒の香りが、
蔵の中に漂う喜びを日々かみしめ333年。

福禄寿酒造はこれからも、真の旨さを追求していきます。

福禄寿酒造創業333周年 | 秋田美酒福禄寿酒造株式会社 (fukurokuju.jp)

************************************************************************
88B08AD1-EC64-4002-8F1B-531B515B657E






























11月12日に2種類のお酒を発売します。
詳しくは店頭でご案内いたします。



十数年前にとある蔵元から言われた言葉が今も心に残っています。

ものがあふれるこの時代だからこそ、「ないものねだりではなく、あるものいかし」

柱となる定番を頂くといつも思います。
「手に取ってくれるファンの方々の恩に報いるため」

愉しめる私たちも「感謝」ですね
(⌒-⌒)


令和2年の仕込みから春の田植え、夏の五城目町の風景、秋の稲刈りまでの動画を商品のパッケージにURLを掲載予定です。
過去の「TrueNorthAkita」に福禄寿酒造さんも出ています。YouTubeはこちらをご覧下さい。