トライしました!「栗のワイン煮」です。

伝道師の方からの丁寧な説明文を頭に入れ・・・


ステップ1
kuri1













鬼皮だけを剥き渋皮を残します。
大きい栗でしたので剥きやすくてキレイにスムーズに
いきましたね(´∀`)

【順調


ステップ2
茹でる作業です。
5回茹でること、、、一時間ちょいほどでしょうか。。
写真は撮りましたが、アップするのは控えます
すんごぉい色が出るわ出るわ〜
水で何度も洗っていると愛らしくなってきたのね〜


【まぁ順調



ステップ3
いよいよお鍋で煮ていきます( ̄‥ ̄)=3


ここの時点ですっかり写真を撮ることを忘れており、
味付けのことばっかり考えているものだからいけんね


折角なので。

お鍋を二つ用意して、赤ワインとパルフェ(カシス梅酒)
で煮ました。

kuri2












味付けでは、ハチミツを使うという伝道師。

私も家にあった蜜を
左 :菩提樹(ぼだいじゅ)蜜
     特徴ある香りと味は料理にも相性いいですね
     昔はよくフレッシュジュースを作っているときに
     入れていました。
 (今は、お酒が潤いの素となっている私(* ̄∇ ̄*)エヘヘ)
     
右 :黒糖蜜
     ヨーグルトにかけている常備ものです
     
菩提樹蜜はワイン煮に。。
黒糖蜜はカシス梅酒煮に。。



kuri4













完成.。゚+.(・∀・)゚+.゚

左はカシス梅酒煮。
右がワイン煮。

ちょっとカシス梅酒煮イケル
ワイン煮も大人な味ですこと

秋を味わえる幸せはあちこちにある。
味覚で感じる秋。
秋なんて四季でいったらあっという間に過ぎてしまう季節
なだけに、たくさん吸収したい女の欲望・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ


もちろん。
kuri3

















残ったカシス梅酒はホットで頂きました
癒しの瞬間。